<< mac 味・宿・旅 >>

東京手ぬぐいナイト・後記

c0019177_1536189.jpg
東京手ぬぐいナイト
いってきました東京ナイト
今回は東京手ぬぐいナイトと題し、ゲストの豊田さんの所有する1万本の中から200本程度の手ぬぐいをスライドし、手ぬぐいの見方・読み方・折り方・感じ方・使い方など、古くは江戸時代から戦前戦後による染め方の違いなどと時代背景も含め内容の濃いお話でした。

僕が覚えている例えとして1枚目の写真の手ぬぐい。
富士山に雲がかってますが、上から3本線・5本線・4本線で雲が書かれ、
これでこの手ぬぐいがどこの手ぬぐいかわかる様になっています。

答えは 「三越」  3つ54

デカデカと名前を書くよりも手ぬぐいを広げ絵柄で表現する事は
タオルなどと違い、とても粋な表現でのご挨拶に感じます。

こういった手ぬぐいのお話を1本1本、さまざまな雑学を交え聞くには
3時間程度の時間ではとても聞き足りないくらいてしたね…ww

次回予定する「東京手ぬぐいナイト2」に期待を持ちながらも
先に予定するは「東京銭湯ナイト2」 5月31日(土)開催予定

とても楽しみな東京の夜です♪

参考サイト
「東京ナイト」ブログ
http://blog.goo.ne.jp/mask1970
豊田満夫さんの「豊田コレクション 意匠研究所」
http://www.toyodacollection.com/
※手ぬぐい作成は富田さんにお願いするといろいろなお話が聞けるかもしれませんよ!
c0019177_1536937.jpg
最後にこの写真は吉永さゆりさんから依頼された手ぬぐい。
100本ほど造られたようですが、サインと可愛らしい絵がシンプルでいいですね。
c0019177_157288.jpg
お土産としてお財布手ぬぐいを戴き
とってもお得な気分でした♪
※お財布になるように折られ、折られる事を考えた絵柄染め方となっているそうです。
[PR]
by hinata_gkc | 2008-01-15 16:20 | さんぽ♪
<< mac 味・宿・旅 >>