<< 漆喰 アプローチ >>

バランス

c0019177_8582083.jpg
クライアントの持っていた古民具のコタツ、
それを床に組み込み堀コタツ形式としました。

古民具のコタツの枠幅(写真の黒い木枠)は3cm、
それに対して新しい床と絡んでくる枠の幅、

この幅を決めるのにえらい時間を掛ける自分。
長かった…。 マジデナガカッタ…涙

と言うのも、若~い大工から框の幅(枠の幅)はどうする?と聞かれ答えた問い、
言葉にならない顔で「え゛~」っと言っている顔をしてた…(-_- ナンナンサ

2回目にまた少し変えた寸法を示すと少しだけ怖くなくなった。笑
でもまだダメらしい…。

hinata:んじゃさっ、どおゆう感じがいいわけさっ?
若大工:それは先生が考えてよ。

そんな時だけ先生と言われているような気がするし…。

何度か若大工の顔を伺いながら寸法出しをして、
棟梁にもアドバイスをもらい決めた框寸法

こんな所で自分の時間が無くなっているんだと思った…。
でもなんか満足(^-^)

-----------------------------------------------------------------------

現状があり、検討があり、具現化 言葉にすると簡単、
でもこれが基本的な事でむつかしい事…、

建築のお仕事では、現状・検討・具現を経て図面が出来上がり、
現場では図面と現場での毎日が現状となり
毎日が検討の日々で、少しずつ具現化してゆいきます。
この内容をヒモ解くともっと複雑になり、今回のバランス検討がその内容。

実際にはこの枠の外にも考えなくちゃいけない事は山ほどあるけれど
まずは基本を振り返ってみよう…。
そんな事思った9月最後の日、

そう、もう9月最後で明日から10月、
来月からは、また新たなクライアントのプランニングを始め
「気の向くままに…」と言いわれています。

僕の気の向くままなんて言ったら
いつ始まるか解んないですけど…笑

でも嬉しい言葉でもあったな(^-^)
最近忙しすぎたし…。
[PR]
by hinata_gkc | 2006-09-30 10:30 | おうちのこと♪
<< 漆喰 アプローチ >>