<< 2006下刈り 第三回目 ペレット会議 >>

先日のペレット会議

5月30日にスウェーデンで行われた世界バイオエネルギー会議2006についての報告と、
世界のバイオエネルギー利用についての勉強会となりました。

事前に目を通しておいた。スウェーデン首相・ヨラン・パーション氏のスピーチ、
素晴らしいです。日本にもこんな首相がほしいですね…。
※和訳していただいた資料がほしい方は連絡ください。

内容はスウェーデンの目標として2020年に石油依存からの脱却

、スウェーデン社会におけるエネルギー効率を全体に20%向上。
、運輸部門におけるガソリン及びディーゼル油の40~50%削減。
、産業部門における石油消費の25~40%削減。
、民生部門の暖房に使う石油消費をゼロに。

この中でも特に凄いと思えるところが「
すでに石油依存率が10%にまで低下しているようで、スグにでも現実可能な目標ですね。
暖房の石油消費ゼロ…、日本では考えられない数字です。

なにが問題なのか

ソーラーエネルギーの分野では日本はトップに立てる技術を持っている。
一時期補助金まで出して流行ったソーラーエネルギーの分野では
続けられている所は無いといいます。(いま続けている人達は補助金に頼らなかった人達…)

そんな中、スウェーデンでは日本の20年前に考えられた技術を現在使用しています。
日本が20年も前に考えた技術…。
日本も、あともう1歩、あともう少し頑張っていればと思うところもありますし、
新分野でのエネルギー開発には補助金を出す国も、
昔からの古臭い技術には補助金が出ない事もなにかおかしい…、

それ以外にも、僕ら建築の分野では、先に話した「こんな首相」による問題などではなく、
建築業界そのものが、それぞれの技術を持ちながら提案普及してこなかったからでもある。
スウェーデンの目標、4では、特に建築の分野に関わる事でもあり、スウェーデンでは95%
がバイオマス燃料やペレット燃料によるセントラル方式の地域熱供給がほとんど。
先ずは提案、どこかでこおゆう事例を考えてみたいものです…。

エネルギー自立による効果は山への手入れも進み豊かになる。
日本もスウェーデンまでとはいかないが、
先ずは段階的廃止による脱原発でもして、長期目標を持たないといけないですね…。


もっと内容は濃かったけど、僕の頭が付いていけない…(^-^;
部分部分をメモに取り、先ずはblogに載せておけば忘れないでしょ…
くらいの内容です。笑
[PR]
by hinata_gkc | 2006-07-20 12:20 | 勉強会φ(..)
<< 2006下刈り 第三回目 ペレット会議 >>