<< 左官ダンス♪ セルフビルドで夜中に床塗りして... >>

せるふで左官♪

c0019177_16242032.jpg
今回塗った左官材料は、一応素人でも簡単に塗れると言われている漆喰「タナクリーム」です。朝から夜まで数日間、仕事もあるので2週間くらいの工程で進めたでしょうか?
大変な下準備を終えて左官作業の始まり。

塗っていられるお方、子供に見えますが左官の先生です。笑
馬(足場)のって軽快にコテを振りかざす!かなり上手いです。笑
c0019177_16245561.jpg
使用材料 タナクリーム 1日仕上げ当初、下塗り・上塗りと2回のの工程に分けようと思いましたが、既存壁のビニールクロスが簡単に剥がれ、2回塗りは面倒だったので1回仕上げの骨材の荒いものを使用しています。

そのまま塗ってしまうと、本当に白い漆喰で終わってしまうため顔料を少し混ぜ色を付けます。写真は濃い緑色をしていますが、全体に混ざるとよい色合いになります。(たぶん…笑)

ワラの分量は量りに乗せて毎回正確な分量を入れる事で均一なワラ入りの仕上げで塗る。

あとはひたすらかき混ぜる!かき混ぜる!
でもこの材料は既にかき混ぜてあるので
かき混ぜ過ぎずにかき混ぜる。(意味わからんし…)

父がかき混ぜ、子がワラを入れる。
僕はニヤニヤと見ているだけ、笑




c0019177_16264756.jpg
と、まぁ簡単に塗る作業まで行くわけもなく…、
汚れないように養生をシッカリする事や、道具の準備はもちろん自分たちで行ないます。
コテ板を作るブルーと養生作業を影でシッカリしているレッド、笑

そお言えば左官の先生が着ているシャツはブルー&レッド!(おぉ~!偶然?)
しかも袖にはチャンピョンって書いてある…。
さすが先生、皆の頂点に立つ人はシャツの色も違うよ。爆笑
※この時、僕もブルーのシャツだったので先生に弟子入り♪

※ 注意
ここでお伝えしている作業内容だけでは簡単に塗れません、
ここへ来るまでの道のりは結構長く、そしてココからもかなり長い道のりに…、
あしからず。

下地調査や場所場所による下地処理の方法、そして下地への使用する材料と道具。
あとは全体の段取りを把握できない人には無理でしょう。
出来れば左官屋さんに数日でも先生としてきてもらう事がベストです。
[PR]
by hinata_gkc | 2005-11-13 16:09 | おうちのこと♪
<< 左官ダンス♪ セルフビルドで夜中に床塗りして... >>