<< Cyclamen Hederi... あきの味 >>

Life Cycle Assessment

c0019177_1227818.jpg
ライフサイクルアセスメントとは、材料の採取から製造、使用、処分に至るまでの環境負荷量を指します。木造住宅においては、木材の植林から育林・伐採・製材、輸送、建築に至るまで、さまざまな要素が含まれます。去年は建物の構造(建前)までのLCA報告をしました。今年は家件分の調査までを行い、「ハウスメーカー」や「ぼくらの家づくり」の環境負荷についての違い、昨年1年間調査した事柄について、服部先生にお話しいただきます。今まで考えなかった家づくりにおいてのLCAとは、どういう指標になるのだろうかと言う事を、別な側面から家づくりを捉えてみます。お時間のある方は是非お越しください。

木を1本切るだけで電気を使い、それらを細かく情報収集する事は大変だったと思います。
協力していただいている、林家・製材所・工務店・設計事務所の方も本当にご苦労様でした。

話し手  服部順昭氏 国立大学法人東京農工大学
               大学院共生科学技術研究部 教授

日 時 平成17年8月27日(土) 13:00~16:00
場 所 (財)東京都農林水産振興財団 講堂 JR西立川駅 徒歩約10分
参加費 1,000円(当日受付にて集めます)

※希望される方には、今日の夜にe-mail・FAXにて案内を送らせていただきます。
[PR]
by hinata_gkc | 2005-08-26 12:11 | 勉強会φ(..)
<< Cyclamen Hederi... あきの味 >>