<< 山仕事 地拵え-1 うさぎこけ no sanpo >>

木質バイオマス普及活動報告会

 多摩の森をエネルギーとする新しい炎、「東京ペレット」が始動して約1年が経過しました。一昨年の冬、木質ペレットの製造が製材業者や林業家の方々により始まり、ストーブやボイラーの利用が進んでいます。木質ペレットは、これまで廃棄していた製材所の木くずなどを細かく粉砕し、高圧で押し固め、発熱量も高いことから、これから有望な自然エネルギーの一つとして期待されています。そこで、この1年間を振り返り、今後を展望する報告会を次により開催しますので、ご参加いただきたく、ご案内申し上げます。
            東京都 ・ (財)東京都農林水産振興財団
c0019177_13354929.jpg
、日時 平成17年3月29日(火)pm6:30~8:30
、場所 立川女性総合センター「アイム」ホール
      立川市曙町2-36-2 TEL042-528-6801
、内容 
  ・基調報告  大場龍夫「全国の木質バイオマスを巡る動向」
  ・報告会
    ① 「東京ペレット」が発足するまで
    ② 「東京ペレット」の製造開始から1年
    ③ ストーブ設置者の感想
    ④ 意見交換会
、参加費 無料
、申し込み
  下記必要項目及び「バイオマス報告会参加希望」を明記の上、郵送、e-mail又はFAXでお申し込みください。
  ・氏名・住所・FAX・e-mail
東京都農林水産振興財団森の事業課報告会係
〒190-0023 東京都立川市富士見町3-8-1
FAX 042-522-5397 ・ e-mail biomass@tdfaff.com

この紙は、東京の木25%・古紙75%を使用した「東京の木の紙」です。と書いてある。
ひなよし : しかしこの紙のコストは1枚¥40-とても民間ベースで製造できる紙ではない、もう少し普及し使われれば安価にはなるんだろうけれど…、再生紙をLCAにかけて調べると製造元から80km圏内までならコストや環境負荷は抑えられる、それ以上先への運搬は…
再生紙も少し問題だね。

久しぶりに今回ちょっとまじめだったりする…、(-v-)
[PR]
by hinata_gkc | 2005-03-23 13:40 | 勉強会φ(..)
<< 山仕事 地拵え-1 うさぎこけ no sanpo >>